ナットウキナーゼで脳梗塞・脳塞栓症を予防

ナットウキナーゼの効果とサプリメント

ナットウキナーゼには、脳梗塞・脳塞栓症の原因となる血栓を溶解する効能があります。

ナットウキナーゼTOP > 脳梗塞と脳塞栓症

おそろしい脳梗塞と脳塞栓症

脳梗塞とは、脳に栄養を与える血管に障害が起こることで発生する脳血管障害の一種です。

脳血管障害の原因には、脳の血管が破損するタイプと脳の血管がつまるタイプの2種類が挙げられますが、このうち、脳の血管がつまる病気を『脳梗塞』と言います。

脳梗塞はさらに2種類のタイプにわけられ、脳の一部分の血流が妨げられ、滞ってしまう『脳血栓』と、血栓ができて脳の一部の血流が完全に止まってしまった状態の『脳塞栓』にわかれています。

脳梗塞は症状が重篤であったり、発作が起こった後の対応が遅れた場合、まひや後遺症が残ったりする恐ろしい病気なので、元気な状態でいるうちに何らかの予防策をとっておく必要があります。

ナットウキナーゼで脳梗塞・脳塞栓症を予防

脳梗塞や脳塞栓症を引き起こす大きな原因となるのが血栓です。

血栓は本来、止血などの役割を果たすと自然に溶解する仕組みになっていますが、何らかの理由で分解しなかった場合、病気の原因となる悪性の血栓に成り代わってしまいます。

ナットウキナーゼは、役割を終えた血栓のすみやかな溶解を助け、脳梗塞・脳塞栓症のリスクを減少することができます。

ナットウキナーゼの持つ血栓溶解作用は、血栓溶解剤として知られる『ウロキナーゼ』に匹敵する効果があると言われており、非常に強力な脳梗塞・脳塞栓症予防を期待することができます。

摂取時の注意点

ナットウキナーゼを納豆やサプリメントから摂取する場合、気をつけたいのが摂取するタイミングです。

ナットウキナーゼは空腹時など、酸性の強い胃酸の中ではパワーを失う傾向にあります。

そのため、空腹時ではなく、食事中に一緒に摂取するとよりよい効果を発揮します。

また、脳梗塞や脳塞栓症は夜間または明け方に生じやすいので、就寝前にも摂取するのがおすすめです。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) ナットウキナーゼの効果とサプリメント All Rights Reserved.